管理人、ビル管理人、不動産管理のお役立てサイト


再就職の窓口、管理人

 50代、60代の雇用が多い管理人というお仕事。
 管理人になるための必要な免許・資格や年齢制限がほとんどないことから、定年退職された方や、中途採用者が多く見受けられます。
 つまり、「管理人」のお仕事は年配の方でも就職しやすい職種と言えるのです。

 今や新卒者でも就職が難しいご時世、年を取るごとに再就職は難しいと言えるでしょう。
 しかし、そんな世の中でも、あなた自身の体が元気ならば続けることができる管理人のお仕事は、まさに再就職するにはとても好条件なお仕事と言えます。

 一言で「管理人」と言っても、アパート・マンションなどの集合住宅から、駐車場の管理までさまざな種類があります。
 ここでは、そんな「管理人」の種類をご紹介したいと思います。
 これからの長い人生を生きていく中で、再就職を考えてる方にとって、このサイトがお役立ちいただければ幸いです。

もしも再就職が出来たときには、ログハウスでも購入して、暖かみのある暮らしを手にしましょう。今までは苦しい生活だったかも知れません。しかし、それを乗り越えてきたあなたには、ログハウスを購入する資格があるはずです。ログハウスが、あなたの暗い生活をきっと明るく、暖かくしてくれるはずです。退職金でログハウスの購入を考えて見ましょう。

マンション管理人

 マンション管理人は、マンションでの居住者、外来者の受け付け対応、工事・検査などの点検立ち会い、清掃などを行います。日常的な居住者の要望を受けて、施設設備の不具合や清掃などの身近な生活問題に対応します。マンション管理会社に雇用され、小規模であれば、複数のマンションを担当することもあります。通勤携帯が中心ですが、中には夫婦で住み込み方もいらっしゃいます。中高年の典型的な雇用の受け皿となっており、50代・60代の方が中心の職場となっています。
 マンションには所有形態で分譲と貸賃とがありますが、分譲マンションでは居住者の管理組合があり、管理人は管理組合の役員などとの接点を持つこともあります。そのためコミュニケーション能力が高く、人柄がよく、細かいことでも身軽に動くフットワークの良さが分譲マンションの管理人には必要とされます。マンション同様、アパート経営も人気です。賃貸物件の賃料から定期的に収益を得ることができるのです。仙台などは人気の土地です。仙台賃貸のアパート経営なんていいかもしれませんね。仙台は東北でも大きな都市なので、賃貸物件を探している人も結構いるのではないでしょうか?

管理人24時間常駐マンションとは

 分譲マンションが一戸建てに比べて有利な点として、「防犯上・防災上の安全」があげられます。家族で出かけてしまえばもぬけのからになってしまう一戸建てと異なり、管理員が防犯や防災をチェックしているマンションには、そこに暮らす者にとってはとても大きな安心感を得られます。しかし、管理員の勤務形態には、大きくわけて「常勤(24時間常駐)」「日勤(日中のみ常駐)」「巡回(定期的に見回りにくるもの)」の3種類があり、防犯について考えると、「日勤」「巡回」の場合はこのメリットも半減してしまいます。「日勤」「巡回」であるか、「24時間常駐」体制であるかは 、いろいろな面から考えてもとても重要な要素となります。

マンション管理人の仕事

 マンションによっては行っていないサービスもありますが、マンション管理人の仕事は主に以下の仕事になります。

駐車場管理人

 自動車の保有台数が年々増加する一方で、市街地やオフィス街の道路、住宅街の道路はほとんどが駐車禁止となってきています。そのため、自動車を利用する人たちにとって駐車場やコインパーキングは、一時的な自動車の保管場所として重要な役割を果たしています。また、その駐車施設は近年、著しく機械化・自動化が進んでいるため、駐車場での自動車の出入りを監視し、利用客の自動車を安全に保管する駐車場管理人の仕事が重要になってきます。駐車場の種類によって、実際に行う仕事の形はかなり違ってきます。

必要な資格

 駐車場管理人になるには、学歴、免許、資格、経験などは一切必要とされませんが、採用に当たって年齢の制限を設けている事業所もあります。その多くは60歳前後ですが、必ずしも厳しいものではなく、高齢者の雇用が多いのもこの業種の特徴のひとつと言えます。自動車の運転免許を持っていることは、この職業に就くにあたって有利な条件ですが、どうしても必要ということではありません。募集はほとんどが中途採用で、新卒者の就職はほとんどありません。駐車場管理人は、直接駐車場の経営者に雇用される場合と、駐車場管理を専門とする会社やビルメンテナンス業の会社に雇用され、駐車場に出向する場合などの雇用形態があります。

レンタル収納オーナー

 都市を中心に不動産投資情報 福岡価格の高騰からスペース単価が高くなり、どうしてもマンション、小規模オフィス、都市部店舗ではスペースが手狭になりがちになっているため、収納という新分野が商売のタネになり、レンタル収納ビジネスというものが生まれてきました。一言で言うと、荷物の保管サービスを行なう施設のことです。レンタル収納の形態としては、既存の建物を活用する室内型と新築の屋外型があります。屋内型は、遊休地などを活用したレンタルコンテナ、空きビル・空き店舗を活用したトランクルーム、その他の郊外遊休物件を活用したミニ倉庫、駐車場の遊休スペースや遊休地を活用したパイプボックス、その他遊休スペースを活用した貸物置などいろいろあります。
 レンタル収納オーナーは、アパートやマンションなどと比較すると、当初の建築費、維持費ともに安いわりに賃料相場が高いので収益性は高いと言えます。しかし一般的な住居やオフィスと違い、業者間で物件情報を共有するような仕組みがないため、利用者の募集に難しさがある仕事です。

トランクルームとレンタル収納スペースの違い

 

2003年4月に改正された倉庫業法により「トランクルーム」は倉庫の一種として定義され、倉庫業者しか経営することができず保管責任を負います。一方で「レンタル収納スペース」と呼ばれる施設は、賃貸借契約による保管場所の賃貸となり保管責任を負わないなどの違いがあります。しかしどちらも一般的にはトランクルームと呼ばれ混同されることが多いため、注意しましょう。

pickup

ミリタリー
http://shopping.geocities.jp/waiper/
人気自転車の査定・下取り
http://matome.naver.jp/odai/2142443723513088401
川崎市幸区の動物病院あいあいペットクリニック
http://www.aiaiah.com/
コスプレ衣装
http://coscolle.com/
桜井市 賃貸
http://www.chintaikan.com/

Last update:2015/5/21

 


Copyright (C)kanrinin master.All Rights Reserved.